Goh's on

新しいアートのフォーマット ― ハイブリッド・エディション,ブロックチェーン(NFT)と物理世界

2021年に追記-アートとNFTの真実 この記事は2019年に英語のみで公開したもので,新しいアートフォーマットを作って販売する際にリスクなどもまとめて発信することを目的としたものです.それをそのまま日本語にしたので記事内に「販売しています」等の記述がありますが,現在は販売していません. 19年の当時に僕が作ったのは,NFT が含まれるハイブリッド・エディションという作品形式です.それは NFT のみに特化したものではなかったのですが,今 NFT が話題のわりにアート関係ではまともな情報がほとんどないことや,元記事の公開から 2年が経っていて良い機会ですし,NFT 周りの事を追記して振り返ることにしました.2021年の今では NFT の状況も変わってはいますが,根本的な問題は変わっておらず,むしろ問題を誤解して偽の解決策や誇大広告を喧伝する人が増えて,収拾がつかなくなっている印象です. 本題に入る前に,最低限の基礎知識だけ説明しておきます.この記事での NFT というのは,ブロックチェーン上で発行する「画像作品などのデータを紐付けたトークン」のことです.トークンは,作り方次第で電子コインやチケットや証券などになれるような汎用的な証票(証書)のことで,それと紐づける作品データは画像でも動画でも音でも文字でもスクリプトでも何でも構いません(何とも紐づけない NFT もつくれます).初めての人向けに正確ではない印象重視の説明をすると, まずトークンを電子コインだと想像してください. 次に,一枚の電子コインに「どこかのサーバー上に置いた画像データの URL 」を書き込みます.電子コインと画像はリンクしていて,コインの保有者を画像の正規の保有者とみなすことにします.画像データは普通にコピーできますが,ブロックチェーン上で発行された電子コインは,Bitcoinなどのようにコピーして使えないようにつくられていますから,画像の正規の保有者を制限できます. 次に,電子コインにはネット上に専用のマーケットプレイスが用意されていて,そこでオークションで売買したり取引ができます.自分の電子コインは,スマホの財布アプリで管理できて,友達に送ったり, 自分用にコレクションしたりできます.ここでの電子コイン(トークン)は,作品の画像データの取引を便利にするための媒体といえます.たとえば他の媒体では, USBメモリに画像データを入れて油性ペンでサインして,それを手渡しなり郵送するなりで取引することもできます.電子コイン形式にすると,オンライン取引や財布アプリなどが使えて便利になるという利点があります.一方で,その裏にはいくつもの欠陥と嘘があります. NFT(Non-Fungible Token)とは,そうした用途で使えるトークンの種類の一つです.Non-Fungible(非代替性)という意味は誤解と実態を伴わない言葉の一人歩きが多いので,一旦置いておきましょう.NFT の役割や用途は他にも色々とありますが,この記事では「デジタルアート作品とその取引に使える仕組みとしての NFT 」に絞って書きます.(これ以降,全てのことを噛み砕いて説明は出来ないので,分からない部分は読み飛ばしてください) NFT…

New Work at MOT

My new work, New Economic War, is being shown in ‘MOT Annual 2020, Invisible Powers’ at the Museum of Contemporary Art Tokyo. 新作「New Economic War」を,東京都現代美術館の展覧会「MOTアニュアル2020:透明な力たち」で展示しています. 2021年2月14日まで MOT Annual is a…

Close
Close
Sign in
Close
Cart (0)

お買い物カゴに商品がありません。 お買い物カゴに商品がありません。


Currency



This shop is suspending all sales. (Goh is busy. 非表示